有限会社 オオノ建築設計室

地場産の無垢材・手刻みにこだわった家造り、注文住宅、建売住宅、エコ住宅、古民家、リフォーム、設計、
土地探しはオオノ建築設計室|坂戸市・川越市・越生町

社長ブログ

毎日更新中!
現場状況等も掲載!

お問い合わせはこちら

 

事業エリア

埼玉県
坂戸市・越生町を中心とした埼玉県内
※その他地域はご相談ください。

 

HOME»  注文住宅

注文住宅

注文住宅

注文住宅

 

弊社は、集成材を一切使わず無垢材にこだわった『桧造りの家越生ん家を建築しております。
構造材には、地場産の西川材(桧の乾燥材)を使用してます。内装には、桧・杉等の羽目板と珪藻土等の自然・天然素材を使う事で、からだにやさしい温かみのある空間を演出してます。

お客様の理想のマイホームを現実にする為、家族構成・こだわりなどを伺い、プランを作成して打合せを重ねながらオリジナリティークォリティーの高い住まいを御提案!打合せには、3Dパース等を使いながら、外観・内観の完成がイメージしやすい様進めていきますので、御安心下さい。
代表である私(一級建築士)が、打合せから設計・監理・完成まで1棟1棟お施主様と向き合って家造りに取り組んでます。

 

桧作りの家

建物本体に含まれるもの
1.屋外給排水工事、2.照明器具、3.網戸、4.基本外構、5.設計 6.確認申請
7.瑕疵担保責任保険、8.吹付断熱(壁75mm・天井160mm)、9ハイスペックサッシ(アルミ樹脂複合)を含んでおります。

当社の提供する『桧造りの家』『越生ん家』は・・・・
『ナベ・釜さえあれば生活できます。』
オオノ建築設計室は、そんな御提案を行っております。

※もちろん標準設備からのグレートアップも大歓迎!!
(標準設備との差額のご負担が必要な場合があります。)

詳しくは、下部の標準仕様をご覧下さい。

 

弊社標準仕様の特長

弊社標準仕様は・・・BELS☆☆☆☆☆ (最高グレード)になります。
建築物省エネルギー性能表示制度の英名称はBuilding-Housing Energy-efficiency Labeling System。この頭文字をとってBELS(「ベルス」)と言います。 一般社団法人住宅性能評価・表示協会に登録された登録BELS機関 が、省エネルギー性能の評価・表示をおこなう制度です。
省エネルギー性の高い住宅です。

建築される住宅が、消費するエネルギーがどれ位なのか?また、住宅の燃費はどれ位なのか?シミュレーションで確認する事も出来ます。

外装標準仕様

◆基礎

⇒地盤調査の結果に基づいて基礎の仕様決定をしていますが、標準ではベタ基礎仕様です。 鉄筋も建築基準法で定められたピッチ(間隔)よりも狭め、強度の高いコンクリートで施工。 もちろん防湿シート・捨てコンクリートも施工しています。

 

◆構造材

⇒すべて、無垢材の乾燥材です。 桧、杉、米松を土台、柱、桁、梁にそれぞれ木の特性にあった箇所に使用します。 土台・柱は桧、桁・大引・母屋は杉、梁は米松。 特に、柱には背割れのない柱を使用します。

 

◆防虫

⇒人体に害の出ない処理をしています。 もともと土台・柱には虫に強い桧を使用しています。 御要望によっては、調湿効果のある炭を使ったチャコガードもございます。

 

◆耐力壁

⇒建築基準法で定められた必要な壁量の約2倍を基準として設計します。 同時に、偏心率・剛心率をチェックしねじれにくい地震に強い構造にしています。また、設計上地盤の悪い地域として算定しております。また、耐力面材を採用する事で高気密も実現しております。

 

◆剛床工法

⇒床の下地に28mmの構造用合板(実付き)を1階2階共に施工し、 水平剛性を高めています。

 

◆屋根

⇒三州の瓦を使用します。瓦は、メンテナンスが不要です。 また最近では、和・洋・欧・南欧・北欧問わずマッチするデザインも豊富です。 地震を警戒され屋根の重さを気になさる方もいらっしゃいますが、 瓦を使用する条件(重い屋根)で構造のチェックをしておりますので御安心下さい。

 

◆遮熱仕様

⇒屋根には遮熱ルーフィングを、外壁には遮熱透湿防水シート、 バルコニーの床下地にも遮熱材が施されています。 遮熱材でぐるりと家全体を包みこんだ仕様です。

 

◆外壁

⇒防火サイディングが標準です。デザインが豊富なので、色々なアクセントが可能です。 光触媒を施した製品もあり、メンテナンスが容易になりました。 ※防火サイディング以外の外壁材もお選びいただけます。

 

◆外部建具

⇒サッシは、アルミ樹脂複合サッシ(アルジオ)、ガラスには金属コーティングされたLow-Eガラス(ペアガラス)を使用しており、断熱・遮熱も考慮した結露しにくいサッシです。 形状に関しては、外観のイメージによってご提案させて頂きます。 1階の掃出し(2M)のみシャッター付となります。風を造り出せる窓のレイアウトもアドバイスさせて頂きます。

 

◆玄関ドア

⇒ベーシック・トラッド・モダン・エレガンスの中からお好みをお選び下さい。K2仕様です。 ※勿論、アドバイスもさせて頂きます。

 

◆タイル

⇒磁器質タイル300角を使用します。 外観のデザインや玄関に合わせたカラーで、家の顔である玄関・ポーチを演出します。

 

◆断熱材

⇒床断熱材は80mm、壁はウレタン吹付断熱75mm、天井はウレタン吹付断熱160mmとなります。 当社の壁構造は外壁通気だけでなく壁内にも通気層を確保していますので、 壁の中には湿気が籠りません。2020年基準を満たしております。

 

内装標準仕様

◆天井高さ

⇒可能な限り高く取るようにしています。 化粧梁にする事で高さを確保出来ますので、2.6M以上確保できるように設計しております。 ※2階の間取りによっては、2.6M以下になる事もございます。(梁組の都合上)

 

◆バリアフリー

⇒玄関・階段以外には段差がありません。トイレ・洗面室も3mm以下です。

 

◆手摺

⇒階段には、手摺を設置します。お風呂には、L=400の手摺が1個所標準。 お風呂に取り付ける場合は後付用もありますが、 お考えの方は安全の為、予め取付ける事をお勧めします。

 

◆電気配線

⇒各室、コンセント×2、TV×1、AC×1、スイッチ×1が基本です。 LDKは、アース付コンセント×2、コンセント×4、AC×1、TV×1、TEL×1になります。 防水コンセントは、給湯器用の他にガーデニング用として計2箇所お付けしており、 生活するのに十分な仕様になっています。 勿論、電気図面を作成してからの打合せとなります。

 

◆照明器具

⇒部屋全てに照明が含まれていますが、器具の変更も可能です。 照明プランを作成して御提案させて頂き、ライティングのアドバイスもさせて頂きます。照明器具は、全てLED照明を採用してます。また、最終的にライトプランを作成して確認させて頂きます。

 

◆インターフォン

⇒TVインターフォンが標準となります。相手の顔が確認できるので安心出来ます。

 

◆床下収納庫

⇒キッチンと洗面室に設置してあり、キッチンはスライドタイプです。 一つの蓋で2つの収納庫を利用が出来ます。 洗面室は個別タイプで、床下点検口を兼ねておりますが、 小物を収納するのに大変役立ちます。

 

◆床仕上げ

⇒桧の床板、杉板(30mm)、デザイン性・機能性を重視した既製品からお選び下さい。 既製品はワックスフリーのものからキズの付きにくい床、 ペットにもやさしい床材等もございます。 無垢材の床は、反りなどが出にくい加工が施されています。断熱材+剛床工法+床材で120mmにもなります。

 

◆壁仕上げ

⇒基本は壁紙ですが、和室・リビングには珪藻土の施工も可能です。 無垢材の羽目板も多く取り揃えておりますので、 アクセントウォールにしたり腰板にしたりと色んなデザインが楽しめます。

 

◆天井仕上げ

⇒こちらも、基本は壁紙になります。 桧板・杉板・シナ合板からお選びいただけます。 シナ合板は、人体に害のない製品で、シナ合板にクリア塗装仕上げは、設計士の定番の仕上げです(笑)。寝室の天井を桧で仕上げると桧の香りで癒される空間になります。

 

◆室内ドア

⇒建材メーカーの『NODA』の建具を使用しています。 デザイン・コンセプトがしっかりしています。 また、エコの製品も多数開発されています。高さは、2M~2.2まで対応可能です。 もちろん、F☆☆☆☆の仕様です。

 

◆システムキッチン

⇒クリナップ製が標準となっております。 基本は、L=2550でガス仕様ですが、IHヒーターに変更が可能です。 また、カラーも豊富に御用意してあります。TOTO・タカラスタンダード・LIXIL・TOCLASに変更も可能です。

 

◆洗面化粧台

⇒W=750が標準となります。シャワー水洗はもちろん、収納力も抜群です。 最近では、ハイバックのボウルが大変人気です。もちろん標準仕様もハイバックです。※他のシリーズからお選びする事も出来ますのでお気軽にご相談ください。

 

◆システムバス

⇒1坪タイプが標準となります。床・壁・天井・浴槽と断熱材で包んだ まるごと保温仕様です。 壁一面をアクセントウォールが標準仕様。換気乾燥機も標準です。

 

◆トイレ

⇒1階・2階共にウォシュレット付です。 紙巻器・壁埋込み収納が標準の仕様となります。 便器は、INAX製で手洗いタンクタイプです。

 

◆給湯器

⇒追炊き機能付き20号が標準となります。※個別プロパン 御要望に応じてエコキュートに変更する事も可能です。オール電化にも変更可能です。

 

◆火災報知機

⇒新築にも既存の住宅にも設置が義務付けられています。 寝室、階段、キッチンに取付けします。