有限会社 オオノ建築設計室

地場産の無垢材・手刻みにこだわった家造り、注文住宅、建売住宅、エコ住宅、古民家、リフォーム、設計、
土地探しはオオノ建築設計室|坂戸市・川越市・越生町

社長ブログ

毎日更新中!
現場状況等も掲載!

お問い合わせはこちら

 

事業エリア

埼玉県
坂戸市・越生町を中心とした埼玉県内
※その他地域はご相談ください。

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

自家発電・自家消費する家・・・上棟!@越生町

おはようございます。

中々時間が取れず・・・ブログ更新も滞っておりました。


先週ですが越生町にて・・・自家発電・自家消費する家が上棟になりました。

現在の現場状況は・・・



耐力壁(面材)の施工中です。

来週には、検査や吹付断熱材の施工等予定が入っており、来週なら現場見学もし易いと思います。


興味のある方・・・弊社で家造りをとお考えの方・・・いつでも見学が出来ますのでお気軽にご覧になって下さい。



 

2019-04-04 09:25:21

コメント(0)

折りたたむ

消費税増税に伴う住宅取得支援

御無沙汰しております。

オオノ建築設計室代表の大野です。

そろそろ桜の情報も飛び交う暖かい陽射しの中・・・春を感じてますか?


弊社では、家造りの依頼が増え・・・大工さんの手が足りない状況となっております。

10月からの増税後のお引渡しに備えて・・・最後の請負契約も間もなく締結です。


確かに2%は大きいですからね。


が、国も増税後の為に支援を備えているようです。


1.住宅ローン減税の拡充(控除期間を3年延長)

2.すまい給付金(対象となる所得階層を拡充。給付額も最大50万円に引き上げ)

3.次世代住宅ポイント制度(一定の性能を有する住宅を取得する物に対してポイントを発行)

4.住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置等(非課税枠最大3000万円へ拡充)

があります。


これから家造りを考える方は、消費税8%では厳しいと思いますが、支援措置等も充実しているように感じます。

一生に一度の大きな買い物です!

これらを利用して、焦らずにじっくりと取り組まれる事をお勧めします!
 

2019-03-20 15:35:56

コメント(0)

折りたたむ

ホームページリニューアル&太陽光発電システム・蓄電池搭載住宅の誕生

こんにちは。

久々の更新になります。

このホームページも間もなく新たに生まれ変わります。

より見やすく・・・より使い易く・・・乞う御期待ください!


来月・・・太陽光発電システム・蓄電池を搭載した『越生ん家』が誕生します。

床にも桧の無垢材&壁や天井にも無垢材を多く採用した家造りです。


興味のある方は、是非ご覧下さい。

弊社では、基礎工事からの見学も大歓迎です。

  川越市・S様邸

2019-02-21 15:11:39

コメント(0)

折りたたむ

『越生ん家』構造の安定性について

こんにちは。
 

 
今年も実質あと2週間ですね!

 
今設計中の坂戸市にお住まいのS様(建築地は越生町)・・・奥様が年明けに出産を控えておられるので、年内にプランをまとめたいと・・・

 
また、消費税増税等の関係もあるので、早めに請負契約締結を・・・と希望されてます。

 
弊社でも、来年は4月に着工が決まっているので、工程が忙しくなる見込みです。

 
土地を契約されている毛呂山町のS様も住宅ローンの事前相談が下りれば建築請負契約・・・そして建築確認申請。

 
昭島市U様も年内に道路の許可が下りてくるので、年明け建築確認申請と前半はのんびりしている暇はなさそうです^^;

 

 
弊社の構造の安定性についての最新版を御説明致します!

 
耐震等級『3等級』・ 耐風等級『2等級』・ 耐雪等級『1等級』が標準仕様です。



耐力壁も、面材だけでなく筋交いと併用した耐震設計。
 

 
基準法で定められている必要耐力壁量の2倍以上有する安定した構造となってます。

 
そして、一番重要な事・・・重心と耐力壁の剛心の偏心率を考慮です。

 
揺れに耐え、更に捻じれにくい構造にする事。

 
これらが、弊社の耐震性能のスタンダードとなってます。

 
詳細をお知りになりたい方は、お気軽に御相談下さい。

2018-12-13 14:26:29

コメント(0)

折りたたむ

木造住宅の耐震性

こんにちは。

木造住宅の耐震基準は、建築基準法で定められております。

見付面積・係数で必要耐力壁量が決まります。

そして、建築物が重いのか?軽いのか?

地盤は、しっかりしているのか? その基準が下の画像です。

 
 

弊社独自の基準は・・・

屋根が瓦屋根。

地盤は弱い地盤(しっかりとしている地盤でも弱い地域で算出) そして、割り増し倍率。
 

これが弊社の最低基準です。

建築基準法の約1.9倍。

その画像がコレです。

 
この基準から決められた壁量を配置していくと・・・

下記のような配置診断となります。
 

偏心率・壁心率が優良になるように(耐力壁の芯と建物の重心が近くなるように)配置してます。


 

壁安全率は、必要壁量に対しての安全率なので、最低で約2.25倍になります。
 

(※1.5倍×1.25倍×1.2倍)

 

面材で4倍もの壁量を望める材料だけで、建築基準法の最低基準は満たすことも可能ですが、弊社の耐力壁は、面材と筋交い(無垢材)との併用となってます。

 

この無垢材の筋交いは、柱や梁との接合部を金物でしっかりと緊結しているので、破損する事もありませんし、無垢材ですから経年で強度も増していきます。

 

木造住宅は、揺れないという事は絶対ありません。

 

耐震ダンパーなるものも出ておりますが、本当に何十年も持つのか?甚だ疑問です。


 

地震時において倒壊した木造住宅は、捻じれが生じた事による倒壊がほとんどです。

 

我々が考える木造住宅は、しっかりと耐力壁を確保する事、そして耐力壁の芯と建物の重心を合わせられるような配置をする事で十分耐えうる構造だと思います。

 

これが、弊社の耐震性の標準仕様です。

2018-11-30 14:52:23

コメント(0)

折りたたむ

鳥瞰図をプレゼン資料に追加

こんにちは。


今朝は、冷えましたね!

冬の足音が近く感じます。

が、日中は暖かい^^



さて、今日はプレゼンの資料を作成しております。

間取り、パースはもちろんですが・・・鳥瞰図を追加してみました。




鳥瞰図・・・あまり聞きなれない言葉ですよね!

簡単に言えば・・・上から見下ろした図です。

それに、内観のイメージも併せて表現しております。


室内ドアや床材・壁に至るまで・・・。


平面よりも分かりやすく感じるので、鳥瞰図は間取りの方向性が出て来た頃に作成して確認する意味で作成しております。

 

2018-11-15 13:56:22

コメント(0)

折りたたむ

『で』ではなく『が』良い!家造りをしましょう

おはようございます。

先日、川越市より越生町の物件をお探しのお客様が飛び込みでいらっしゃいました。

消費税10%に向けて、にわかに動き出した感があります。

2%の増税は大きいですからね!

2000万円の建物であれば、40万円のアップになります。

増税分を考えれば・・・増税前であれば住宅の性能をUPさせる事も出来ます。


弊社でも、来年4月より増税前に建築したいというお施主様から依頼を既に頂いております。

建築をお考えの方は、お早めに動き出した方が良いのかもしれません。

だからと言って、妥協をしてはいけません。

建築屋の都合で、家造りを進めない事!

お施主様主体での家造りをして下さい!

慌てて進めると後悔が残ってしまう事もありますので。


昨日、川越市で平屋建ての家造りをさせて頂いたM様邸・・・お引渡しを完了したお施主様も時間を掛けてプランから仕様に至るまで決めてきました。

『これ良いや』ではなく・・・『これ良い』となるまで!

慌てず・・・後悔しない為に・・・時間的な余裕を持って家造りに取り組みましょう!


弊社では、お施主様目線に立って家造りに取り組んでおります。

材料は勿論の事、設計・省エネにこだわり、独自の流通ルートを生かした仕入れもこだわりの一つ。

良い製品が、低価格で納入できます。


造る側我々もこだわり・・・造られるお施主様もこだわりを持って、良い(ご家族が満足できる)家を造りましょう!

2018-10-30 07:27:29

コメント(0)

折りたたむ

ローコスト・ハイスペック平屋建て・・・WEB内覧会

こんにちは。

川越市の新築平屋建て・・・完了致しました。

間もなくお引渡しとなります。

今回は、都合により完成見学会の開催はありませんが、今週末でしたら御案内も可能ですので、興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。


今回、WEB内覧会として・・・アップ致します。


使用した床材・・・

シートですが、艶消しの塗膜と無垢材のような木質がポイント。傷にも強い床材です。




システムキッチン・・・クリナップ製。

木目が際立った鏡面仕上げで、高級感がアップです。




キッチンからの眺めは・・・リビングも、2間続きにした洋室も見渡せる設計。リビングの天井高は2.65M。




キッチン正面に配置したダイニングスペースには、アクセントウォールを!

今回は、ガス仕様という事もあり、桧ではなくデザイン性の高いクロスをチョイス。




寝室の西面には、温かみのあるカラーでアクセント!




トイレだけは、追加を頂いて、タンクレスのネオレストに!




玄関ホールには、ハニカム構造の飾り棚。

上部には、お施主様希望のあるものが、これから取付となります。



こちらの越生ん家は・・・省エネ仕様BELS☆☆☆☆☆。

サッシも、樹脂とアルミのハイブリッドサッシ。

断熱材も、床80mm、壁75mm、天井160mm、遮熱材も壁から屋根までグルっと包み込んだ、夏涼しく、冬は暖かく、家計にも人にも優しい住宅です。

照明も、網戸も、電子錠、テレビアンテナも全て含まれております。

ローコストでありながら基本スペックはそのまま!


現在、越生町の土地にて、自家発電・自家消費の家を御提案中です。

土地(66坪)・建物(29坪)・太陽光発電システム・蓄電池を搭載した越生ん家・・・

参考プランでの建築の場合で2,500万円となってます。

こちらも興味のある方は、是非!

 

2018-10-26 11:26:30

コメント(0)

折りたたむ

『自家発電・自家消費』する家・・・蓄電池導入のメリット

こんにちは。
 
現在、静かな越生町・・・荒らしの前の静けさといったところでしょうか?

午後から明日の朝にかけては、かなりの雨量がありそうです。
 
 
 
さて弊社では・・・省エネはもちろんですが・・・今後の事を考えて、『自家発電・自家消費』する家を御提案させて頂いております。
 
太陽光での余剰電力の買取金額も26円と下がり、売電のメリットも少なくなっているのが実情。
 
今後は、発電した電力を自分で消費するシステムへ切り替えた方がメリットがあるように感じます。
 
そこで、蓄電池が注目されてます。


蓄電池と言っても大きいものではありません。

ご自宅の家の中にも置けるほど大きさです。

例えば・・・オムロン社の製品ですと・・・

 
これだけコンパクトになってます。

蓄電池を導入した際の利用法としては・・・

 
 
考え方としては、日中は発電した電気を使い、更に余剰電力で蓄電池に充電、それでも余った電力は売電という流れ。
 
夜は、蓄電した電力を放電する訳です。
 
エコキュートも、昼間湯沸かしする事もポイントです。
 
もちろん、ライフスタイルで変化するので、例としてご覧頂ければと思います。
 
 
太陽光発電、蓄電池があれば、災害時も役立ちます。
 
更に、ZEHの認定も取りやすくなります。
 
蓄電池の補助金はありませんが、ZEHでの補助金はありますので・・・。
 
 
弊社では、自家発電・自家消費するフル装備の新築戸建てを近々公開致しますので、ホームページ等チェックして頂ければ思います。
 
 

★弊社がご提供する『越生ん家』とは・・・

越生町の地場産の無垢材、大工による墨付け・手刻みにこだわった、人の手で造る温かみのある家をいいます。集成材は、一切使用しません。

★弊社の標準仕様には、無垢材で造る建物本体、ハイブリッドサッシ(アルミ樹脂複合・Low-Eペアガラス)、気密性・断熱性の高い吹付断熱、設計・建築確認申請、全室LED照明、網戸、屋外給排水設備、消費税を含んでます。省エネ等級BELS☆☆☆☆☆を満たした仕様です。

★必要な畜エネルギー(太陽光発電システム・蓄電池)等を組み込めば、ZEHにする事も容易な仕様です。ZEHとは・・・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスも略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げそして太陽光発電などの創エネルギーにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を『±0』にする住宅を言います。(注)光熱費が0ではありません。

★弊社での打合せ~設計~現場監理~お引渡しまで社長である私(一級建築士)が全て担当をさせて頂きますのでお施主様の要望等が全て伝わり、要望以上の家を御提案させて頂きます。

 

2018-09-30 11:19:21

コメント(0)

折りたたむ

太陽光発電・・・2019年問題

こんにちは。

オオノ建築設計室社長の大野です。


今日は、安室奈美恵さんの引退の日!

きっと沖縄では、チケットを買えなかった人等・・・会場でも大変な騒ぎなんでしょうね?



さて今年は2018年。

当然、来年は2019年となります。

2019年は、太陽光の余剰電力の売電をスタートしてから10年となり、売電が終了します。

これを、2019年問題と呼んでいる訳です。


売電買取期間終了後は、自由契約になると思います。

恐らく・・・7円/kwh以下ではないかと・・・。



今後の注目としては・・・蓄電池の導入!

買取期間を終了しても発電し続けます。

発電した電気を賢く使い、自産自消する暮らしが望ましいように思います。

もしもの災害時にも役立ちますし。


新規で太陽光発電を設置する場合も、買取価格は26円。(買取開始当時は42円)

かなり安くなりましたが、実際の工事価格も大きく激減なってます。


今後は、太陽光発電システム搭載+蓄電池導入したスタイルがスタンダードになって行くように感じます。

ZEHの条件もクリアし易くなると思いますし!

これから、家造りをされる方は是非将来を見据えた家造りを検討されては如何でしょうか?

弊社でもモデルプランに、太陽光発電シスてテム+蓄電池の導入した標準坪単価を検討してます。



 

2018-09-16 10:51:53

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5